プロフィール

オフィスKG

Author:オフィスKG
人と同じことをやって勝てますでしょうか?
同じような分析で勝てますでしょうか?
そんな思いから・・・独自理論の構築を目指して辿り着いたSシステム。

自身のトレード日記替わりと同じシステムで運用する複数トレーダーさん達。これからSシステムを導入されようとする人たちの為に立ち上げました。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月1日のポジションの行方

昨日113.55で持ったポジションは・・・・

1時間足節目の112.56。サイン1発生で利益確定しました。
約100pゲット!
2月2日ポジション


見事なまでの天底トレード・・・・まぐれかな・・・・・・・・・

システムでトレードしてると裁量トレーダーよりいち早くポジションを持つことが出来ます。
サインに従って淡々とトレードが出来るが故ですね・・・
そのあたりはいくらトーレーニングしようが勉強しようが身につくものではありません。
では・・・どうしたらいいのか?

意外と難しい・・・淡々と・・・

1時間足節目を112.56下回って来るともうヒト伸びあると見てます。
その辺を欧州、NYで狙って行けたらいいかな・・・・的な戦略を・・・

2月2日リアル

18:55・・・16:25に発生したサイン2(トレンド)↓に対して安値抜きましたのでショート!!
しました。
スポンサーサイト

1月24日下目線からのロングへの方針変更について

昨日の朝の目線は下!
スキャル的にショートを2回しました。
その後・・・

相場は下限ライン割らずに底堅い様相に・・・・・
サインツールは視覚的なものです。その中身を学習した方は数列の値幅収縮に気づくと思います。
その後数列上でどのようなことが起こるのか?
これらのパターンは恐ろしく正確に繰り返されます。たまにはそうでないこともありますが・・・
そういったことを検証対象にしてサインツールもしくは数列検証をしてみれば数列に現れる大衆心理が読み取れると思います。

上記の理由により上限ライン超えてサポートされたことにより方針を変更。上目線になりました。
そして・・・上手くロングすることに成功・・・連勝止まらずです。

ただし・・・5分レベルです。1時間レベルでは未だ下目線変わらず丁度節目にあるのでそれは次の話・・・
1月24日相場の転換

1月10日トレード

1月10日トレード
本日の重要ライン決定する終値が出る7時は出かけているので昼頃に相場分析・・・
年始早々に本業が忙しい・・・
主力が九州に出張・・・嬉し悲鳴・・・だけど・・私の仕事が増える・・・
故に昨日を振り返ります。

昨日は戦略通りの2パターンがうまく発生しました。
でも・・・サインは発生していません。???
何故か?

システムは数値で感知するので微妙なズレがあると検知しません。
故にサインは出ないメールが来ない・・・チャートを見ない・・・トレードしない・・・
の図式が・・・・

チャートを四六時中見てれば、システムの中身を出して微妙なズレを修正してエントリーという事もできます。
それが1本ルール。
1本ルールとは出される数値の誤差範囲は前後のローソク足1本の範囲と決めたもの
所詮、機械故にそのようなルールを付けて半自動で行い成果を上げると言う主旨のもと考えたもの。
もちろんデータも取りました。

うまく見てた時に上のチャートが再現されれば、システムの中身を出して精査。
ルールを当てはめてエントリー。なるのですが・・・なかなか・・・そうチャートばかり見てれませんもんね・・・
集中力も切れますし・・・

相場の転換ポイント特にサイン1発生するときはよくあります。
今回の2つ目の丸印は1時間足の節目付近。
転換が予測されるポイント。
下ヒゲ付けて陽線。次の足も陽線そしてサイン発生。
しかし出てない・・・・中身を出すとずれてる・・・・
見てれば出来ますよね。

しかし・・・相場を効率よく監視する為のツールに頼ってトレードしてるので飛んでこない・・・
相場は見ないの図式・・・だからトレードなし。
また、チャンスは来ますからね。

それとスキャル。
このようなポイントこそスキャル向き。でもそうそうチャンスないですよね・・・

では後ほど・・・

上限ラインと下限ラインの有効性について

珍しく・・・土曜日の更新です。

年内のトレード終了いたします。
本当は全部振り返りたいんですけれど・・・・無理なんで。
今週を振り返ります。

12月12日から13日ライン
12日、13日はチャンスなかったですね・・・
5分足でさえこれですからね・・・・
ライン際のサイン1(逆張りサイン)でスキャル・・・

12月14日から16日ライン
14日ドカンと上昇してますが・・・これは飛び乗り以外無理でしょう・・・・
根拠とするなら・・・枠内で発生してるサイン2(トレンドサイン)3回目でしょうね。
しかし・・・後付けやし・・・時間が時間やし・・・現実的やない。

そして15日セオリー通りの上限ラインサポート高値抜きが出たのでやっとエントリー。
その一回だけが確実性の高いエントリーポイントでした。

そして昨日はチャンスなし。

このように振り返りますとラインの有効性がよくわかります。
システムサインも最初は枠外でのみ有効視すればエントリーポイントは減りますが有効的なポジションが持てます。

それでは良いお年をお迎え下さい~。
再開予定は1/10くらい・・・多分。

シナリオの重要性

8月のある日
8月のある日

何もないと・・・どう?シナリオ立てていいのやら・・・

8月のある日ライン

上記のチャートに重要ラインを加えてみると・・・
後付けですが、ラインを基軸としたシナリオが立てれそうですね~。

そんな要領で・・・
8月のある日シナリオ
上のチャートからシナリオを立てて見ると・・・・1時間足は下落途中の揉み合いです。

こうなりました!
8月のある日ライントレード

シナリオはトレンド出たときもしくはもみ合うときそれぞれ立ててください。
基本ルールも復習ね。

そして今。
8月7日トレード
8月7日トレード利益
こんな揉み合いでもルールと根拠とデータがあるのでエントリーできるのです。

さらに上がると?ナンピンですよ~。

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。